--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こみっくスペシャル6(二日目)に行ってきました、その他秋葉原など

2015年03月30日 05:47

今年2015年は、5年周期に行われる(ように近年なった)こみっくスペシャルの開催年です。
こみっくスペシャルがある年は、通常の夏冬に加え、計3回のコミケが形式上はあることになります。

毎回、何かしらのテーマ、例えば前々回は24時間営業、前回は地方(水戸)開催などが設定されており、今回は「オタク・サミット」などという、
以前までと比べれば漠然としていて、それでいて名前だけで気持ちの悪い、恐らく参加者はあまりいい気持ちを抱かないようなテーマでした()

一日目と二日目があり、有名原画サンは一日目が多かったように思え、本当は一日目も行きたかったのですが、大学のガイダンスとかいう
もの被っていたこともあり、諦めました・・・(実際は、寝坊してガイダンスすら行けなかった)

ということで二日目に軽く参加してきたので、それをレポートしたいと思います。



いつものコミケは東京ビッグサイトですが、今回は幕張メッセ。
なんとなく原点回帰な感もありますが、クルマ🚗で向かいました。ここ川崎市の家を出たのが午前6時。友人のクルマに拾ってもらいました。

中原街道沿いにあるいつものローソンで朝めっしゃ(から揚げ君レッド、ジャンボフランク、アップルデニッシュ、ロイヤルティー)
を済ませ、首都高へ。

荏原ICから、一ノ橋JCT、浜崎橋JCT、レインボーブリッジを通り、海岸を沿って幕張に向かいます。
何故か新木場ICの降り口が渋滞していました。

comiket_special_6_38

さて、幕張は晴海に比べ、圧倒的に駐車場に恵まれています。
これらの駐車場を合わせると、計8000~9000台が駐車できるようになっています。
駐車料金も大体、一日1000円とかなので、かなり良心的となっており、クルマユーザーにはとても有難い。

さて、幕張についたのが大体午後7時。メッセに一番近く、5000台近く収容可能なメイン駐車場であるメッセ駐車場(図P1)は
午前8時からなので、とりあえず県営第二駐車場(図P2-2)に駐車しました。第一は満車でした。

駐車した後、歩くこと10分。その道途中では、こみスぺ以外に行われていた、ライブの列や、チアリーディングの列などを見かけました。
とくにライブの人たちは、何というか「パンク」な出で立ちの人が多く、こみスぺに集うオタクとのコントラストに失笑しました。

(↑クリックすると拡大します。)

(↑クリックすると拡大します。)

スタッフに促されるまま、列に並びました(図の「屋外展示場」の位置)。東京ビッグサイトより、断然わかりやすかった・・・
このとき午前7時半過ぎ。列は2-3だったので、普段のコミケよりも全然楽だと感じました。


(↑クリックすると拡大します。)

こみスぺは、普段のコミケと違い、入場するにはカタログを買う必要があります。
事前にも、各アニメショップ等で販売されているのですが、買い損ねた僕はここで購入することに。(スタッフさんの対応の良さが印象的)

カタログ売場の前に並んでる列は、同時開催の「くろケット」の待機列。
黒子のバスケオンリーの同人誌即売会なだけに、男女比がこみスぺと圧倒的に違う・・・

持ってきた簡易椅子を設置し、1時間ほど経ったところで車に戻ることに。
メッセ駐車場が使える時間になったので、クルマを移動させました。

近くの免許センター前にあったローソンでまたもやロイヤルティーを買い、それを飲みながらメッセ駐車場でカタログを見ていました。
やはり、普段のコミケに慣れていると、サークル数がとても少なく感じました。


(↑クリックすると拡大します。)

(↑クリックすると拡大します。)

5000台収容のメッセ駐車場。さまざまな都府県ナンバーのクルマが居ました。
ただ、その多くは、こみスぺではなくて、お隣でやってたライブ目当ての人たちだったと思います。


(↑クリックすると拡大します。)

ライブに向かう人たち(服装でどのイベントに行く人かが一目でわかる)


(↑クリックすると拡大します。)

11時開場の30分前(10:30)、列移動が始まりました。
ここはお馴染みの光景。

僕は正直、そこまで買いたいものがなかったので、まったり楽しむことにしました。
通帳カバーが欲しかったので、トモセシュンサク氏の無限軌道に並ぶことに。

並んだといっても、30分程度なので、いつものコミケに慣れていれば断然楽でした。
僕が買う頃には、スマホスタンドと、会場限定本が完売。しかし、新刊セットしかもとより買うつもりはなかったので問題ナシ。

全体的に、人通りも普段のコミケに比べれば少ないので、ホントに楽でした。
ただ、壁と島の間の通路は、壁に並ぶ人と島を見る人でかなり狭く混雑してました。アレはさすがにキツかった。。

後は、島をちょっと見回ったほどで、買い物は終了しました。
あとは、いろいろとどんなものがあるか見て回りました。


(↑クリックすると拡大します。)

(↑クリックすると拡大します。)

(↑クリックすると拡大します。)

こみスぺの縁日企画。
こみスぺは、こういった実験的企画が沢山ありました。

射的のほかにも、綿菓子、甘酒などなどがあり、浴衣姿のコスプレもアリ。


(↑クリックすると拡大します。)

(↑クリックすると拡大します。)

(↑クリックすると拡大します。)

(↑クリックすると拡大します。)

他にもいろいろとありました・・・

ケバブやドリンクを売ってるところがあったのですが、その屋台の人たちが

「生ビール生ビール生ビール生ビール おいしいおいしいおいしいおいしい」

などとずっと連呼してましたw


(↑クリックすると拡大します。)

(↑クリックすると拡大します。)

こみスぺ全体図。やはりマワリを除けばスカスカかな。


(↑クリックすると拡大します。)

ついでに、隣でやってるくろケット全体図。さらにスカスカ。
動きやすくてうらやましい。

こっちの人たちにも、人気サークルとかあるのかな・・・と思いながら、くろケットの壁サークルを見ていました(全く分からない)



というわけで、12時半には早々に幕張を後にしました。

そして向かった先は・・・


(↑クリックすると拡大します。)

(↑クリックすると拡大します。)

(↑クリックすると拡大します。)

日曜。秋葉原。ホコ天。

僕は秋葉原は平日に限ると決めてるのですが、たまには良いかなと。


(↑クリックすると拡大します。)

謎のイベント。。

外人さんが喜んでいました(外人はティピカリーなのが好き)


(↑クリックすると拡大します。)

アキバ・ソフマップ横。最近の角砂糖はふみたけ氏続くね。りこ氏はどこ行った?

とりあえず、おなかがすいたので、昼飯探しに。

この日は前々から拉麺を食べようと思っていたので、ラーメン屋探しに。

(↑クリックすると拡大します。)

(↑クリックすると拡大します。)

なんか街歩いてたらイキナリ罵られたんだけど。
(嘘です、ここには行ってません)


comiket_special_6_39

結局、黒だるまらぁめんにしました。
スープも飲み干し完食しました(これが後に仇となる)

しかし秋葉原もメイドの立ちんぼが増えたなぁとしみじみ思いました。
だるまのめのある通りは特に多い。ちょっと不愉快でした。

(客引きのメイドと親しそうに話すオタク何者やねん・・・)←毎回思っている


(↑クリックすると拡大します。)

(↑クリックすると拡大します。)

その他、秋葉原(いつの間にかチノちゃん無くなってた)

秋葉原を回っていると、濃厚ラーメンスープを飲み乾したことで気持ち悪くなり、何度もトイレに駆け込むことに・・・
しかも日曜で混んでいることもあり、UDXのトイレでかなり待った。。

その後は、ミリタリーショップにいって、ニートとその母親らしき人物を見かけ、闇を感じたり、さまざましていると、雨が降ってきたので秋葉原から退散。



この後、イタリアで買った鞄を返品しようかと思い(結局しなかった)日本橋高島屋へ。

(↑クリックすると拡大します。)

桜がきれいでした。

友人に桜と自分を入れた写真を撮ってもらいました(うpはしない)


(↑クリックすると拡大します。)

(↑クリックすると拡大します。)

高島屋の入り口にも、立派な桜が。
みなさん、立ち止まって写真を撮ったりなどしていました。

高島屋では、ネクタイを見回ったり、アフタヌーンティーをしました(ツイッター参照)

ネクタイは1万円+TAXのレパートリーが多く、ネクタイには出しても1万と決めている僕にとっては割と好印象でした。
僕は、各デパートの紳士服売り場に行くと、必ずネクタイ売り場を見ます。
そこで、売り場全体の、ある程度の見定めを行ったりしています。

良かったものの、今日は我慢して帰路につく。


(↑クリックすると拡大します。)

以上、戦利品。


こみスぺの雰囲気を味わえただけでも良かったです。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。