--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dragon's Dogma(ドラゴンズドグマ)体験版レポート

2012年04月26日 18:59

ドラゴンズドグマの体験版をさっそくやってきました!

2012/04/25_1

(↑クリックすると拡大します。)

ドラゴンズドグマは、最近洋ゲーの開発に力を入れているカプコンの注目作です。
以前から度々情報が出されていて、和ゲーにしてはそのオープンワールドの作り込みや様々な要素から結構注目されているみたいです。

自分自身、そういうプレイ動画を見てきましたが中々の出来で面白そうだなーと思っていました。

そこで、今回24日にPS3にて体験版が配信開始されましたので早速やってみたということです。


2012/04/25_2

(↑クリックすると拡大します。)

てなわけで早速起動ー。

容量は1700MB程度だったと思います。



起動すると、相変わらずのロゴを長々と見せられた後、最初に貼った起動画面が表れます。

今回プレイすることが出来るのは、

2012/04/25_3

(↑クリックすると拡大します。)

ダンジョンを進んでいく「プロローグクエスト」


2012/04/25_4

(↑クリックすると拡大します。)

そして、オープンワールドのフィールドにて戦う「フィールドクエスト」


2012/04/25_5

(↑クリックすると拡大します。)

最後にカプコンが特許も取ったという「キャラクターエディット」


この3つが出来ます。

キャラクターエディットに関しては製品版への引き継ぎが出来ると言うことなので、購入予定の場合は今のうちにキャラクターエディットをやっておくと良いかも。




【プロローグクエスト編】

2012/04/25_6

(↑クリックすると拡大します。)

ちょっとしたプロローグムービーの後、いきなりこんな感じの所へ放り出される。

撮ってるカメラがスマホなんで、実際はもうちょい暗い。


すると、メニューを開いてランタンをつけろと表示される。

2012/04/25_7

(↑クリックすると拡大します。)

言われたとおりメニューを開いてランタンを選択。装備してみると・・・


2012/04/25_8

(↑クリックすると拡大します。)

周りが明るくなりました。これでこの先の暗い道でも見えます。

ちなみに装備メニューは結構分かりやすく、自分は全然迷うことなく装備することが出来ました。

回復に使う薬草やポーション的なものもここで使えます。
メニューを開くと時間が止るので完全にアクションRPGでは無い気がします(スカイリムでもそうでしたが)

この後は画面に映ってる「サルド」とかいう仲間のNPCについて行きます。


2012/04/25_9

(↑クリックすると拡大します。)

すると早速のドラゴン登場。

宣戦布告をしてきます。このドラゴンを追いかけて更に奥へ進んでいきます。


その後、ゴブリンを数匹なぎ倒しながら戦闘方法を学んでいきます。

基本的な操作方法は、

□:小攻撃
△:大攻撃
×:ジャンプ
○:アクションボタン


となっていますが、LボタンやRボタンを入力しながらだと装備している武器特有のスキルが使用可能です。


そしてどんどん進んでると・・・

2012/04/25_10

(↑クリックすると拡大します。)

ちょっとした空間に到着。

すると右にある石を調べてみろとの表示が。


2012/04/25_11

(↑クリックすると拡大します。)

近づいて○ボタンを押すと・・・


2012/04/25_12

(↑クリックすると拡大します。)

後ろにいる2人の味方であるポーンが出現しました。

心強い仲間です。


2012/04/25_13

(↑クリックすると拡大します。)

どんどん進んでいきます。


2012/04/25_14

(↑クリックすると拡大します。)

調べていると生き残りの兵士を発見。
ドラゴンを倒しに全軍で行ったけど殆ど全滅してしまったらしいです。

ちなみにアイテムが貰えます。



そしてゴブリンを倒しながらどんどん進んでいくと・・・

2012/04/25_15

(↑クリックすると拡大します。)

ライオンっぽいものが登場。

動きが速すぎてブレる件。

今回の体験版ではこいつがボスになってます。


2012/04/25_16

(↑クリックすると拡大します。)

早速倒しに掛かります。

ポーンも勿論戦ってくれます。


2012/04/25_17

(↑クリックすると拡大します。)

仲間のメイジの魔法発動。

中々派手でよろしい。


2012/04/25_18

(↑クリックすると拡大します。)

書いてあるように、大型モンスターの場合R2ボタンでそのモンスターにしがみついて攻撃することが出来ます。

これを初めてやったときは思わず「すげえ」と声が出てしまいました。
しがみついてる画像を撮りたかったけど動きが速すぎて撮れないので画像は無し。


2012/04/25_19

(↑クリックすると拡大します。)

徐々にHPを減らしていきます。

難易度は体験版と言うこともあってかなり低めなので、必ずといって良いぐらい倒せます。よっぽどヘマをしない限り。

HPゲージ3つ分ぐらいだったかな?



そして戦うこと数分。

倒すことに成功。

もうなんかシャッター時間が長いから画像が全部ぶれまくってますが勘弁・・・




【フィールドクエスト編】

こちらのフィールドクエスト編ではキャラクターエディットで作ったキャラで実際にプレイ出来ます。

2012/04/25_20

(↑クリックすると拡大します。)

緑が広がるフィールドからスタート。

グラは凄く綺麗。和ゲーでもここまでのグラフィック出せるんだなーって思ったけどFF13があったかw
オープンワールドで、という意味にしておきますw


2012/04/25_21

(↑クリックすると拡大します。)

近くにいるゴブリンと戦闘になります。

弱いので弓矢の練習等に使うと良いでしょう。弓矢のスキルが色々あって良かったです。


2012/04/25_23

(↑クリックすると拡大します。)

すると突然グリフィンが登場。襲いかかってきます。

プロローグクエストよりは若干強め。

飛んでる間は弓矢で攻撃することになるので中々難しい。

ちなみにフィールドは広そうに見えますが、いける範囲は結構限られてるのでその範囲の中で戦わないと一方的に攻撃されるので注意。


2012/04/25_24

(↑クリックすると拡大します。)

ここで、先ほどプロローグクエストで説明した「つかむ」が結構便利です。

飛んでて中々近接攻撃が出来ず、HPを減らすことが出来なくても、つかんで振り回されながらも攻撃し続けると落ちていき、飛ばなくなります。

そして、近接攻撃。攻撃対象が自分のことが多いので結構HP減らされます。
やばくなったらメニュー開いて回復。


しばらく粘ってたら倒せました。




というわけでざっと紹介してきました。
個人的にはフィールドクエストの方が好きです。

キャラクターエディットは自分自身キャラクターエディットするよりかはプリセット使う派なので紹介せず。

全体的に面白くて、体験版でここまで出来るのは凄いなーと思いましたが、ちょっと気になる点もあったのは事実。
ちょっと気になった点を羅列しておきます。


《気になった点1》上下に広がる謎の黒帯

今まで貼ってきた画像でも分かると思いますが、テレビ自体の画面の縁からプレイ画面の上下の間に謎の黒帯が広がっています。

原因は不明だけど、せっかくだから画面全体で遊びたい・・・というかそもそもわざわざ黒帯を入れる理由が分からない。

全画面だと処理しきれないから誤魔化すために帯を入れたのでしょうか?それとも映画っぽい雰囲気を出すため??

イマイチ分かりません。。。

箱○版も同じかは分かりませんが・・・恐らく同じじゃないかと・・・


《気になった点2》ポーンの会話の字幕が大きい

これも画像から分かると思うんですが、戦闘中ポーンがその戦闘中でのアドバイスや今から何をするとか言うので便利です。

ですが、音声が英語ですので字幕必須。少なくともリスニングできない人は。ということで字幕ONが半強制なんですが、なんか文字が一回り大きい。

1つ目で述べた黒帯でただでさえプレイ画面が小さいのに、その上にこの字幕で占領されてしまい、肝心のプレイ画面がどんどん狭くなっていく。

慣れれば我慢できるようになりますが、もうちょっと字幕を小さくするなり、音声を日本語にするなりして欲しかった。




はい以上です。

2つ目は我慢できるとは言え、一つ目は本当に謎。理由を教えて欲しいですね。

プレイして不満点はあるものの、和ゲーのオープンワールドゲーでここまでのクオリティを作れるとは中々見直しました。

少なくともアクション面は良いんじゃないでしょうか?もうちょっとスキルによって差別をつければ良かったとは思いますが。

あとはストーリーと演出ですね。ここは体験版では何とも言えないので、ここがどうなるかが楽しみ。


個人的にはこの作品は売れて欲しい。

これが売れてくれば「おっ、まだまだ和ゲーも捨てたもんじゃないな」っていうのが分かりますし、こういうオープンワールドゲーは和ゲーでは珍しい。

売れなかったらもう作らないかも知れない。ゲームの発展の為にも・・・という面も含んでます。

自分は財布と相談ですね。金があったら即買ですが・・・

最近地味にゲームの新作の値段が高い。

以前は5800が限度ぐらいだったのに、今や7000、8000代がざら。もっと安くして欲しい。。。

後は海外レビュー待ちですかね~。

スポンサーサイト

久しぶりの更新・・・ということでいつも通り何でもまとめ(その2)

2012年04月23日 12:00

前回のその1はこちら
http://sryo36m.blog53.fc2.com/blog-entry-203.html


量が多いので2回に分けてお送りしているこの記事。

つくづく「ああ、こまめに更新すりゃよかったな」と思っている次第。




ゲーム環境が変わりました

以前は、リビングにある40型のテレビか、もしくはPCモニターにHDMI出力してPS3や箱○のゲームをやっていました。
しかし、それでは色々問題が出てきました。


その1にリビングでは落ち着いてゲームできないと言うこと。

家族と共用なのでずっと使ってるわけにはいかず、中々集中してゲームが出来ない。
その上画面がでかいので視覚的に集中することが出来ず、シューター系のゲームでエイミングがしづらい。


その2にPCモニターに限度があったこと。


所詮安物のPCモニターなので、PCゲームをやる分には十分だけどコンシューマー機に接続すると色がおかしい。
明らかに薄い。色が。気になってしからがない。HDMIの色帯設定も弄ったけど無意味だった。


まぁそんなこともあり、「自分用のモニターがいるだろう」という結論に至りました。


そして今はこんな感じになりました↓

2012/03/20_1

(↑クリックすると拡大します。)

PCの横に新しく買った26型液晶テレビを置きました。
メーカーはもちろん東芝。REGZAです。

なぜREGZAにしたのか?というのは愚問です。

なぜならREGZAはゲーム向けを謳ってるものが多いからです。

今回買ったこの26zp2は遅延がIPSパネルにもかかわらず最小の0.3msという低遅延。
ゲームモードやPSPの拡大機能、その上に3Dにも対応しています。

その上発色が凄い。本当に綺麗。テレビはここまで進化してたのか!って思ってしまいました。

これで先日のヘッドセットといい、最高の環境を揃えることが出来ました。
横にPCモニターもあるのでゲームやりながらwikiを見るなりRaptrで今オンラインの人を確認したり中々便利です。

ちなみにBattlefield3のポスターは買った。殺風景だったので。。。




最近気になること

最近ゲームの棚をマジマジと見ていて気になることが。

2012/04/15_1

(↑クリックすると拡大します。)

分かりますかね・・・

一部の例なんですが、注目して欲しいのはギア―ズとマスエフェクト。

ずばり、初代と2以降の背表紙に統一性がない。

・・・

はい、ホントにしょーもないことですw

けどどうせなら統一して欲しかったなぁ・・・




任天堂のゲームたち

今ではやるゲームの方向性が変わったということもあり、どちらかというと箱○やPS3のゲームばかりやっている自分ですが、
昔までは任天堂一筋でした。

といっても今でもマリオは好きだし、どう森、スターフォックス等々・・・好きですけどね。

2012/04/15_2

(↑クリックすると拡大します。)

まぁ見て貰えば分かるように良ゲーばかりですね。

スパーマリオギャラクシーに然り、マリオに然り、どう森に然り・・・

どう森は自慢じゃないですが、コロコロコミックスの懸賞で当たったものだったりします。
筆ペンで書いたら当たりました。やっぱ目に付くやつにするのかな?

突然小学館から送られてきたので結構びっくりしましたw

2012/04/15_2

(↑クリックすると拡大します。)

DSのゲームは本当に沢山買った。

なんか知らんけど沢山買った。DS本体も小学生ながら発売日に並びましたからね・・・(ちなみにWiiもです)

友達もみんなDS本体持ってて、当時は必須アイテムでしたね。友達と遊ぶときはDSがもう必須の持ち物でした。

まぁ見てみると色々ありますが・・・

ハヤテのごとくなんてのもありますね-。
ドラクエリメイクの4,5,6や最新作の9もあります。

そして、一番気になるのは上の左にある3つのどうぶつの森。別に信者買いではありませんw

一つは最初に買ったもの。しかしあろうことか北海道旅行の途中で無くしてしまい、かなり落ち込みました。

その後ちょっとして急にまたやりたくなり衝動買い。しかし、たぬきち商店という店がどんどん大きくなっていくのですが、
最終形態のデパートは通信で相手にものを買って貰わないといけなく、仕方が無くもう一つ買って計3つ。

なんで友達と通信せず自分でわざわざ買って通信するかだって?そりゃ通信する友達がいな(ry




VitaのPSN1000円分プレゼントアンケート


2012/03/20_3

(↑クリックすると拡大します。)


ありがとう、ソニー。




オマケ

2012/01/02_2

(↑クリックすると拡大します。)

2012/01/02_1

(↑クリックすると拡大します。)

祖母の家にいる猫。

元野良猫。拾ってきたらしい。恐らく三毛猫。


・・・

かわいい(*'ω' *)

「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」のβテスター当選キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!

2012年03月01日 21:08


ドラクエⅩベータテスター当たりましたーーーーーーー!!!


ドラクエⅩ_βテスター



遂に当たったベータテスター。

本当はベータテスト始まって第1回の抽選で当たりたかったけど今回当たっただけでも良しとしよう。


このベータテストの応募にはUSBメモリーが付いてる方と付いてない方と2つあるのですが、自分は付いてる方を選びました。

付いてない方でも良いんですが、生憎今USBメモリーが色々と一杯でそれを一々消してるとめんどいので。。。



ドラクエシリーズは結構好きで、今のところⅣ、Ⅴ、Ⅵ、Ⅷ、Ⅸは一応やってます。

この中で一番印象に残ったのはやはりⅧ。

実はⅧが一番最初にやったドラクエで、小学生の時にゲーム好きの友人がドラクエを凄いやっていて影響を受けてやったというわけです。

PS2はその時、親が丁度DVD再生用に買ってあったので難なくPS2のゲームが出来る環境でした。


まー、それでやったんですが結構感動しましたね~。

ああいうRPGが初めてだったと言うこともあるんですが、ストーリーも面白く、かなりハマった記憶があります。

なんか最初の方はごり押しタイプだったんで、ロクにレベ上げもしないで中ボス戦に挑戦しまくってストーリーを進めてましたw

周りからも「なんでお前そんなレベルでそこまで行ってるねん」とか言われてました。。。


そして今でも覚えてるんですが、なんか教会の地下の墓地っぽい(固有名詞は忘れましたw)とこにいる中ボスが何度やっても倒せなくて挫折したのが印象的です。

そして一度は投げたのですが半年後ぐらいに思い立って急にやりたくなって、その頃はレベ上げの概念も理解できる様になってきたので
ちゃんとレベルを上げて撃破してその後はエンディングまでまっしぐらしました。

しかもなんかエンディングが地味に変化する2パターンあった気がしますね-。



そんなこんなもあり、ドラクエが好きになり、その後DSで出た4,5,6のリメイクをやり、すれ違い通信で有名になった9を中学生の時に買ってやりました。

9に関しては装備によってちゃんと外見が変わるっていうのが良かったですねー。

なんか忘れましたが黒ギャルは謎でしたがww



とりあえず、届き次第ブログを更新したいと思いますー!

(来週から学年末考査なのに。。。。。。。。。。。。)

ワイヤレスに7.1ch、Bluetoothマイクに50mmドライバー。何でも入ったヘッドセット「Ear Force PX5」レビュー

2012年02月26日 17:22

PS3・XBOX360用ヘッドセット「Ear Force PX5」 レビュー

EarForce PX5_1

(↑クリックすると拡大します。)

北米ヘッドセット市場で9割ものシェアを占めるTurtle Beachが去年のTGS2011で日本市場に参入すると発表しました。
そして2月には日本国内でも各種製品が発売が開始されました。

そんなTurtle Beachですが、今回紹介する「Ear Force PX5」はTurtle Beachの中でもハイエンドなものとなっています。

「Dolby Digital」&「Dolby Pro Logic IIx」に対応したバーチャル7.1chサラウンドで、DegitalRFのワイヤレス、Bluetoothマイク等々かなりなものとなっています。

やっぱゲームやるにはいい音で楽しみたいと思い、サラウンドヘッドホンを探していたところ、これを見つけ米国アマゾンで買いました。
円高の影響もあって商品18000円+送料2000円ほどで買えました。



ということで米国アマゾンで注文し、UPSの一番早く配達する発送方法で頼み、大体4日ほどで到着。
追跡を見てみると途中でアラスカを経由してきたのはちょっと驚きましたw

そして来たのがこれ↓

EarForce PX5_2

(↑クリックすると拡大します。)

箱は結構ボロボロで来ましたw

やっぱ国際便だから仕方が無いのかなー。。。


EarForce PX5_3

(↑クリックすると拡大します。)

EarForce PX5_4

(↑クリックすると拡大します。)

箱にはちゃんと米国アマゾンの「Amazon.com」の文字。日本のアマゾンは「Amazon.co.jp」。

配達ラベルは全部英字。UPSで送ってきたのが良く分かります。


EarForce PX5_5

(↑クリックすると拡大します。)

ちゃんとエアーの緩衝材入り。

製品自体に傷等は特にありませんでした。

EarForce PX5_6 EarForce PX5_7

(↑クリックすると拡大します。)

Ear Force PX5 の表側と裏側。裏の説明文ももちろん全て英語。



では早速開封していきましょう。

EarForce PX5_8

(↑クリックすると拡大します。)

ちょっとピントがぼけてますが・・・

これが中に入っていたものです。

ヘッドセット本体とトランスミッター、説明書等々が並びます。下にある4つのコードは

・光デジタルケーブル
・USB電源ケーブル
・PCとの接続用のUSBケーブル
・XBOX360用ケーブル

となります。

ヘッドセット本体は単3電池×2を、トランスミッターはUSBの電源ケーブルとなっています。

PS3やXBOX360で使う場合、USBが使えるのでそこに差して電源を供給する形となると思います。
また、ACで電源を取りたい場合は、別途変換が必要となります。特別なものではなく、どこでも売ってます。

そして、XBOX360のケーブルですがこれは何かと言いますと、このヘッドセットのマイクはBluetoothで接続することが可能なんですが
XBOX360にはPS3と違ってBluetoothが無いので、このケーブルをヘッドセットとコントローラーに繋ぐことによってマイクを使用することが出来るようになります。

ですが、どうしてもXBOX360でBluetoothを使いたい!という人のためにコントローラーにつけるBluetoothアダプターが別途売っているので、
完全ワイヤレスで楽しみたい方はそちらも買うことをおすすめします。2500円強ぐらいだったと思います。



次からは一眼レフで撮った写真です。

EarForce PX5_8

(↑クリックすると拡大します。)

正面

電源を入れると赤いランプが幾つか付き、それによって現在「Dolby Digital」もしくは「Dolby Pro Logic IIx」のどちらで出力しているのかが分かります。

下にある「BYPASS」ボタンを押すとサラウンド化処理をせずにそのまま出力します。

その下にあるのはボリューム調整です。ヘッドセット自体にもボリューム調整が付いてますがこちらにも一応付いてあります。

このトランスミッター自体はとても軽くて小さく、ゲームソフトのパッケージの高さと同じぐらいです。


EarForce PX5_9

(↑クリックすると拡大します。)

EarForce PX5_10

(↑クリックすると拡大します。)

側面

マイクは装着して左側に付いてます。そして、右側には電池を入れます。ロゴの所をスライドすると開きます。

電池自体は使用時間にも寄りますが、自分の場合は結構長時間やるので3日ほどで電池がなくなります。

結構な頻度で買えることになるので、電池は充電池にしておいた方が良いです。
自分は単3×2を2セット用意して、無くなったらすぐに交換して使えるようにしてます。


EarForce PX5_11

(↑クリックすると拡大します。)

背面

入力端子が並んでいます。

このトランスミッターは、光デジタル入力×1、アナログ入力×1に対応しています。光デジタルは入力端子が一つしかないので、
PS3と箱○と両方で使おうと考えている場合はその都度つなぎ直すか、切り替え機を買う必要があります。

また、光デジタルのアウトもあるのでスルーさせることも可能です。


今度はヘッドホンにある端子を紹介しておきます。

EarForce PX5_12

(↑クリックすると拡大します。)

ちょっと見にくいですが。。。

左上から左下に

・ボリューム調整
・プリセット変更ボタン
・XBOX360用プラグ口
・USB接続口

右上から右下に

・Blutoothボリューム調整
・Bluetoothペアリング切り替えボタン
・マイクミュートボタン
・メインプリセットボタン

という感じになっています。

プリセットに関しては後述。

XBOX360用プラグは前述した通りです。こことコントローラーにコードを繋いでマイクを使います。
ちなみにこのコードにはボリューム調整も付いています。

ペアリング切り替えも後述。

マイクもちゃんとミュートにすることが可能です。

最初はちょっと難しいですが慣れてくるとヘッドセットを装着しながら押し分けれるようになります。

ヘッドセット自体は布製で安っぽくはなく、結構高級感があります。

重さは少しずっしりという感じですが、つけていても痛くなることはあまりないです。





で、使用感なのですが自分的には結構満足しています。
2万円の価値はあると思っています。

2chとどう違うんだーと思う方もいると思いますが、やはりサラウンドは臨場感が全然違います。
また、後ろ方音が聞こえてきたりするのでゲームプレイにとっても有利になると思います。

ただし、あくまでバーチャルなので一応定位感はあるもののFPS等でマルチで使用する場合はさらに定位感が増すリニア5.1サラウンドのヘッドホンを
使用することをお勧めします。

あと、いくつか音のプリセットがあるのですが最初設定されているプリセット1はフラットすぎてあまり迫力を感じられません。

なので個人的には低音が増し、迫力が出るプリセット4にすることをおすすめします。

この場合の低音は響くものの控えめな感じっていう印象です。

また、ソフトをインストールしてPCとUSBで接続すると自分でプリセットを作ったり調整できたりして自分に最適な設定を作ることが出来るのも魅力です。


そして、一つ注意点があります。

それは、無線LANと同じ周波数帯を使っているので環境によっては干渉するということです。

自分の場合、無線LAN環境があり、その上集合住宅ですので結構色んな無線LANが混在しているのですが
最初使ったときに結構な間隔で「ブツッ」と細かく途切れることが幾度もありました。

で、これが結構イライラしまして困っていました。

ですが、当初無線LANの親機とトランスミッターを同じ所に置いていたのですが、数m離したところ劇的に改善されました。

ちょっと何故か良く分からないんですが、自分の場合はそれで結構満足して使っています。


とは言っても人それぞれ環境が違うので人によっては全く使えない等の可能性が無いわけではありません。

ですので、無線LANでは無い場合は安心して買えますが無線LAN環境の方は注意する必要があります。

どうしても気になるという方は無線LANとは違う周波数帯を使用しているものにすることをおすすめします。



まぁそんなわけで製品としてはとてもよいと思います。

完全ワイヤレスでバーチャル7.1chは結構な魅力です。

また、Bluetoothペアリングは最大2台可能でヘッドホンに付いているボタンを押すだけで切り替えが可能です。

例えばPS3とスマートフォンに設定しておくと、PS3でゲームをしている途中に電話が掛かってきても
知らせてくれて、ボタン一つで電話に早変わりすることが出来ます。

これが結構便利で重宝しています。


ともあれこの「Ear Force PX5」 は選択肢に十分入ると思います。

完全にワイヤレスでやりたい方には特におすすめです。



何か質問があればいつでも受け付けます~

なんかwebで学校の公開前の情報や文化祭のパンフとか映像とかアップロードしている人がいるそうです。

2011年09月13日 21:00

 \                    /
   \  丶       i.   |      /     ./       /
    \  ヽ     i.   .|     /    /      /
      \  ヽ    i  |     /   /     /
   \
                                  -‐
  ー
 __           わ た し で す           --
     二          / ̄\           = 二
   ̄.            | ^o^ |                 ̄
    -‐           \_/                ‐-

    /
            /               ヽ      \
    /                    丶     \
   /   /    /      |   i,      丶     \
 /    /    /       |    i,      丶     \



なんか・・・7限の化学が終わってさて帰ろうと思ったら終礼の時に担任から全員に向けてこんなことを言われました・・・


誰でしょうね、、、はい・・・私です。


てか私以外にいません。あーけどyoutubeに文化祭の動画上げてるのは俺だけじゃないよ!(マジで)


けどねー文化祭のパンフをアップしたのは俺ぐらいだと思うんだよねー

画像もあるし・・・



てなわけですが俺は文化祭等のアップは止めないとだけ言っておこう。

けどパンフとか画像は一括してMSNの無料ストレージサービス「skydrive」を使ってるので全体公開にしている以上削除申請があるかも知れません。


ということでそれを防ぐために


これからは画像や動画等、パンフレットその他は俺の持ってる独自ドメインのレンタルサーバー上にうpします。



個人管理のレンタルサーバーである以上削除申請はそう簡単には出来ないし実行されないはずだ。

自鯖にすればいいことなんだが空いてるPCが無い上にBackTrack5で絶賛ネットワークセキュリティ勉強中なんだけど
その影響で結構な対策をしないと危ないことを知ってしまいそんな対策できる自信がないのでレンタルサーバーが安定です。

※BackTrack5・・・ハッキングソフトが詰め合わせてプリインストールされてるハッカー御用達のLinuxOSの最新版。



この話はこれで終わりにします。。。まぁ続けるという方向でFAです。



さて、最近気づいたことがあります。

それは「学校のネットワーク」の事についてです。

成績が出る時期に近づくと

「期限内に成績のデーターを送らないと・・・」

としきりに教師が言います。

そもそもこの学校の成績に関しての管理はどうやってるのかなーと考えてみたところ一つの可能性として(あくまで可能性)
教員室のなかで無線LANによるデーターのNUS化を行ってる様な気がします。

若干の違いがあれど各個人のPCから共有HDDにデーターを送っていることは確かなんじゃないかなと思います。

無線LANかどうかは確証がないのですが職員室に無線LAN環境があることは確かなので使っていても不思議じゃないかと。


さてそれでここからが本題なんですがもし上記の通りだとすればroot権を獲得することは結構簡単だったりゴニョゴニョ


まず無線LANハッキングでアクセスしないといけないわけですがもしセキュリティーの種類がwepだと14秒で解析できますねww

wepはハッシュ化のアルゴリズムが簡単だったりしてブルートフォースアタックですぐに解析できます。


だがwepは危ないという意識は結構一般にも広がっているので使っていない可能性が大です。

そこでたぶん使っているのは現行で一番安全なWPA/WPA2です。

しかしBackTrackにかかれば不可能ではありません。ブルートフォースアタックは時間かかりすぎて無理かも知れませんが

辞書攻撃で結構命中するようになってきてるみたいです。


良い辞書が結構公開されてるのでそれを使って某ソフトでやればたぶんいけるんじゃないかと思います。


無線LAN接続が完了したら次はホストのパスワード解析ですね。

ここからは全く未知の世界なので何とも言えませんがBasic認証ならHydraですぐに解析できるような・・・


とか考えてますww まぁ実行はしませんが。




はい、ということで最後に久しぶりに画像有りです。

Hoi3_273




↑URLを見て貰えれば分かると思いますがレンタルサーバーの独自ドメインになってます。

また今回から新機能!

上の画像をクリックして貰うと分かると思いますが横幅1000×**のウインドウが開いて拡大された画像が出てきます!

以前こういうリンクの仕方をしたブログを見てこれいいなーと思い実装してみました。

HTMLちょっといじってあるだけです。


で、肝心の画像の説明ですが私の1組では化学の時間には必ず何かネタをしかけるというか何というかそういう風潮になっていまして

今日のはこれ↑でしたww


このボウリングの風船は以前書いた球技大会のボーリングの話で景品に出てきた物です。

ちなみにちょっと不味いところは画像修正してます。てかこの情報とプロフ欄の高1、高槻高校でもう身元ばれてるような物ですよ。

数人の教師の方にも紹介しましたし。。。


まぁ良いですけどね。画像消せるなら消してみろと(ry パンフもレンタルサーバーに上げます。

てか何で上げちゃいけないんでしょうねー。不味いところは消してるしパンフなんて-どころか良い紹介になって学校にとって+だと思いますがね。。。



今日はこの辺にしておきます

また何か画像撮ってきたいですね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。