--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2011年度】sryo36's Game of the year 2011

2012年01月17日 19:03

sryo36の Game of the year 2011を発表したいと思います。

今年は2007年以来の神ゲーラッシュと言われるほど、たくさんの出来が良く面白いゲームが発売されました。
そこで、今年から私、sryo36の個人的に面白かったGame of the year 2011 を決めたいと思います。

あくまで「個人的に」ですので、様々な意見はあると思いますが今年発売されてプレイしたゲームの中で面白かったと思うゲームを紹介していきます。

とりあえずベスト5までにしてみます。対象となるゲームは「今年プレイした」ではなく「今年発売された」ゲームに絞ります。



〔1位〕The Elder Scrolls V: Skyrim

Skyrim_top

(`Д´)フゥッ フオッ ハアッ!×8
( ゚Д゚) ドゥバキン ドゥバキン ナルオクジンロスヴァーリィン!!
( ゚Д゚) ワーディン ヴォウクルくうはく マーフアーエラークァストヴァーアル!!


圧倒的なストーリー、作り込み、グラフィック、サウンド・・・
全てにおいてRPGの最高の形と言えます。今までやってきたRPGの中で一番面白かったです。

スカイリムは賑わっている都市が9つと町が幾つかで構成されており、その他はすべて壮大な大自然で出来ています。

北の地域や山を登ったりすると雪が降り出し、平地では荒原が広がり、緑の木々や紅葉で染まった赤や黄色の木々と側を流れる小川など
見ているとまるでその世界に入ったかのような没頭感が味わえます。

都市は都市で見事に精密に造られています。ありとあらゆる小物がアクティブで、NPCの生活感あふれる行動があり、素晴らしいです。

サウンドは戦闘では臨場感があふれ、平時は効いていて心地の良い丁度良い具合に仕上がっています。

そして何と言っても良いのがストーリー。メインストーリーは近年復活したドラゴンと主人公にまつわる重厚なもの。

サブクエストも豊富でその数は数百時間にも及ぶと言われています。サブクエ用の洞窟などが沢山あり、サブクエの内容も豊かでたくさんあります。

その他にも武器強化やスリ、スキル、解錠、などなど細かく作り込まれた要素もあり自由度が非常に高いです。個人で様々な楽しみ方が出来ます。


世間で言われている通りの1位となりましたが、Skyrimにはそれほどの魅力があります。

この作品はゲーマーだけではなく広くたくさんの人にやって欲しいと思える作品です。

-The Elder Scrolls V: Skyrim 公式サイト(要年齢認証)
-The Elder Scrolls V: Skyrim をAmazonで購入する



【お気に入りスカイリムAA】

Skyrim_AA
※宿屋で必ず出会う吟遊詩人が歌っている歌が元ネタです。




〔2位〕アンチャーテッド -砂漠に眠るアトランティス-

アンチャーテッド3_top

テテテーテーテー テテテテー
テーテテテテテテーテーテー


売り文句の”この冒険は、すべてのエンターテインメントを超えていく”の通り、映画のような演出が非常に魅力的な作品です。

昔のインディージョーンズ、今のナショナルトレジャーを思わせる迫力あるシチュエーション、演出、謎解き、戦闘などなど・・・
ハラハラドキドキの連続で一時も息をつく間を与えません。

グラフィックはPS3の中では最高と言っても過言はないほどの素晴らしいもの。陰表現などが非常に良く、とてもリアリスティックです。

ストーリーは主人公ネイトにまつわるもの。今回はネイトの少年時代をプレイできたり、師匠のサリーとの出会いなどが描かれていたりと
シリーズをやってきた人にとっては凄く面白いと思います。

前作をやっていた方がストーリーが良く分かり良いと思いますが、やっていなくても若干?になる部分はありますが楽しめると思います。

シチュエーションも様々で、イギリスの情緒ある町並みから始まり、海賊船、飛行機、砂漠などなどとてもエキサイトなものばかりです。

特に飛行機の部分は鳥肌が立ちます。アングルも良く、本当にハラハラドキドキします。

また、戦闘場面と謎解き部分、飛び移ったりするアクション部分の大きく分けて3つがありますが、とてもバランスが取れた配分かなと思います。


アンチャーテッドシリーズは緊張感の絶えないシチュエーションの連続が魅力です。

1は少々バランス配分が残念だったのですが2で飛躍的に進化し、この3で磨きをかけたといった感じです。

ともいえこのアンチャーテッドシリーズはとても面白く、ストーリーも分かるので、1からやることをおすすめします。

-アンチャーテッド -砂漠に眠るアトランティス- 公式サイト
-アンチャーテッド -砂漠に眠るアトランティス- をAmazonで購入する





〔3位〕Saints Row: The Third

Saints_row_the_third_top2


セインツロウというと世間ではあまり知名度が少ないですが、GTAというと結構知っている人も居ると思います。

このセインツロウシリーズはGTAの様なゲームに更に自由度を増したゲームというのが一番しっくり来ると思います。

リアリズムを問うとGTA4の方が勝りますが、自由度、特に馬鹿みたいな事をして騒いで走り回れるという点では圧倒的にセインツロウ3の方が上です。

セインツロウ3では通行人を殺すモーションが沢山あったり、戦車で町を破壊したり、車を改造したり、などなど凄く馬鹿ゲーっぷりが表現出来ています。

GTAは社会からの目が厳しいので4で代表されるように残酷表現等が少なくなったりと出来る事が少なくなっていましたがセインツロウは
この本質的な面白さを忘れず様々な事が出来るのでとても面白いです。

ゲームの中では”こんなの実際には出来ないだろww”っていうような場面が幾つもあり、
そういうところがリアリズムより面白さを追求してるゲームと言うことが分かります。

また、このゲームは様々な映画のオマージュした場面が幾つもあり、洋画ファンなら「あ、これあの映画のシーンだな」というように
なお一層楽しめると思います。

グラフィックや音は十分綺麗です。ストーリーも十分面白いと感じました。


昔のGTAのようなオープンワールドで何でも出来るのをそのまま受け継ぎ進化させたこのセインツロウ3。
オープンワールドゲームが好きな方はきっと気に入ると思います。

前作のセインツロウ2よりかは幾分か要素が少なくなってしまってる面もありますが、グラフィック等の向上もあり十分楽しめる要素がたくさんあると思います。

前作をやっていなくてもストーリーは十分分かります。前作をやっていると+αぐらいが分かります。

ということでこのセインツロウ3、究極の馬鹿ゲーとも呼ばれる作品ですので是非おすすめです。

-Saints Row:The Third 公式サイト
-Saints Row:The Third をAmazonで購入する





〔4位〕Battlefield 3

Battlefield3_top2


デデンデッデデンデン
デデンデッデデンデン


今年は2大FPSのBFシリーズとCoDシリーズの最新作である「Battlefield3」と「Call of duty:Modern warfare3」が発売された年でもありました。

私は今のところCoD:MW3に関してはまだやっていないのでBF3の方が上とは断言できませんがゲームとしては面白かったので4位にしておきます。

発売前のトレーラーやプレイムービーなどが凄かった物ですからかなり期待されていたゲームだったのですが発売されてみると結構期待はずれな部分が
あったりしたのですが、それでも普通に面白かったというのが印象です。

このバトルフィールド3はBFBC2からの破壊表現に一つの魅力があります。他のFPSではグレネードランチャーやRPGなどで建物等のオブジェクトを攻撃しても
破壊されることはなかったため、ずっと物陰に隠れていれば安全という状態になっていました。

しかし、このBF3では建物を破壊することが可能になり、どこでも攻撃される緊張感が出て非常に面白いです。

その他にもグラフィックが凄かった。破壊表現を可能にしたFrostbiteエンジンはグラフィックの質が素晴らしく、グラフィックではトップを争う実力があります。

シングルプレイでは核兵器にまつわるストーリーで、少し貧弱ながらもニューヨークの町並みでのカーチェイスや空母から離陸する戦闘機のシーン、
砂漠の中を走る戦車のシーンなどは圧巻でした。凄く細かく感動しました。

そしてバトルフィールドシリーズの最大の魅力であるマルチプレイですがこちらも中々面白いです。

2の時に比べてチーム指揮官がいなかったりそういう面で売りであるチームの連携が若干とりづらくなったりしましたが広いマップでチーム一丸となって
勝利を目指すという楽しさはまだ現存しています。CoDでは味わえない楽しみです。

武器の種類も豊富で、更にアタッチメントなどが細かく設定出来るようになったので様々な楽しみ方が出来そうです。
乗り物も戦闘ヘリや偵察ヘリ、戦闘機、戦車、対空戦車、ジープ等があり、面白いです。


FPSというジャンルは人によって好みがありますが、チームで連携して勝利を目指したり、様々なビークルに乗ったり、広大な戦場で様々な戦略を立てたりと
人それぞれの楽しみ方も出来、非常に面白いゲームです。

また友達なんかとVCをやりながらやったりするととても連携が取れたプレイが出来、楽しいです。

バトルフィールドならではのチーム連携、グラフィック、破壊表現、ビークル。興味がありましたら是非プレイしてみてください。

Battlefield3 公式サイト
Battlefield3 をAmazonで購入する




〔5位〕L.A.NOIRE

LA_NOILE_top


L.A.NOIREは1950年代のロサンゼルスを舞台にしたミステリー&オープンワールドゲームです。

オープンワールドですがGTAみたいなゲームだと思って買うとがっかりします。主人公は警官ということもあり殆ど自由度はありません。
そういう面ではミステリーゲーム、刑事物のゲームと思った方が良いと思います。

町並みは1950年代のロサンゼルス。中心部では賑わっているところもあれば郊外は帰還兵の為の住宅団地が建設されています。

そんな中でのロサンゼルスの光と影。起こる様々な事件を主人公コールフェルプスは解決していきます。
それと共に主人公は様々な課に転属となり、殺人事件、放火事件、麻薬売買等を担当しこの町の大きな陰謀をも暴いていきます。

マップはとても広く、町並みがとてもオールドな感じで50年代のロサンゼルスを表現していると思います。

ゲームの進行としては基本的には、現場へ行き証拠を集め様々な人に取り調べを行い、最終的な犯人を捜していきます。

尋問の際には相手の表情を見て、「信じる」「疑う」「反証する」の3つのコマンドから選択していきます。
何回も間違えてしまうと相手が答える気を無くしてしまい、新たな証拠を集めることが出来なくなってしまいます。
逆に全て正しく受け答えをするとさらなる情報が得られ、事件解決への手がかりが増えます。

これが中々難しい。結構間違えました。

そして現場では歩き回り、何か有益な証拠が無いか探すことが出来ます。
手がかりを増やせば増やすほど解決への道は近くなります。

他にも戦闘などの要素もあるのですが、ストーリーも中々興味深いものとなっています。


少々他のやり込み要素に欠けている部分はありますが、斬新なシステムは一見の価値があります。

自分は特にこの世界観がとても気に入りました。もう本当にオールドなアメリカな感じを醸し出していてシックでとても入り浸ってしまします。

また、DLCで追加事件をダウンロードできたりするのでクリアした後も長く遊べた印象がありました。

DLCはロックスターパスというものを買うと全てのものがダウンロードできるのでおすすめです。

50年代のロサンゼルスを味わってみたい、様々な事件を解決してみたいという方は是非。

L.A.NOIRE 公式サイト
L.A.NOIRE をAmazonで購入する




ここまでがベスト5となります。

えーと、まぁ3位まではまだしも4、5位に関しては色々意見が分かれていたりしていますが自分的には普通に面白かったです。

BF3とL.A.NOIREに関しては発売前に異様に期待が高まってしまっていざ発売されたらがっかりした人が多かったというのが大きな要因でしょうね。。。

2011年は凄い面白いゲームが沢山出ていたのでこのランキングを作るのも色々と悩みました。



・・・とここまでにする予定だったんですが、6位7位だけ簡単に書いておきます。


〔6位〕英雄伝説 碧の軌跡
碧の軌跡_top
ランキング初の和ゲーで安心のファルコムゲーム。

グラフィックはPSPの中では良い方。サウンドはファルコムクオリティと呼ばれる所以もあり、
場面場面合った違和感を感じることがないもの。

何と言っても一番の魅力はストーリーとキャラクターへの共感、親しみやすさ。
昔のFF、DQのような感じでストーリーやキャラクターに愛を感じるというか何というか。。。

続き物なので前作「零の軌跡」のプレイは必須。途中酷いバグがあったのが残念。


〔7位〕DeusEx:Human Revolution
DeusEx:HR_top
スクエニが買収したeidosが作ったゲーム。今年のスクエニを救った作品。
イギリスでは凄い売れたみたい。

FPSだがコンバット、ステルス、ハッキングの3つの手段でミッションを遂行していく新しい感じ。
つまりオール戦闘でも完全に見つからないで行くことも可能だったりしてプレイヤーの自由です。

グラフィックやサウンドは普通に良い。若干色使いが独特だったりする。

ゲームシステムが斬新だったのとストーリーが面白かったので7位。


〔8位〕アンチャーテッド -地図なき冒険の始まり-
アンチャーテッド_地図無き冒険の始まり_top
アンチャーテッドシリーズの初携帯機でPSVitaと同時に購入。

PSVitaの高性能を生かしたグラフィックで、初めて見たときこの世のものでないと思ったほど
凄く綺麗で美しかった。

写真を撮ったり、宝物を集めたり、やり込み要素も本編より増えていて良かった。

ただ、ストーリーがありきたりというか本編をやった人間としては少し物足りなかった気がした。

ネイトの昔を描いた作品。本編をやっていてもやっていなくても楽しめる作品。




ということで8位までという中途半端なところまで紹介してみました。

書いているといかに自分に語彙力がないかというのが痛感できるほど同じ表現を何回も使った気がします。。。

まぁ本当に個人的なランキングなんで参考程度にして頂ければ・・・

特にBF3に関しては向き不向きがある上に、CoDファンボーイが突撃してくるのでレビューが散々なことになってますが・・・



2012年は何と言っても「GTA5」というビッグタイトルが発売されます。

今年はこれが楽しみで楽しみで仕方が無いですね~。

あとは日本のRPGが海外に挑戦する「ドラゴンズドグマ」、デモンズ・ダクソを作ったフロムソフトウェアの新作「アーマードコア」
アンチャーテッドシリーズを作ったナウティードッグスが送る新作「The last of us」・・・

2011年に比べると少ないものの面白そうなゲームが色々出ます。



今後もソーシャルに流されずに沢山の面白いゲームが出る事を願いつつ・・・



ランキングのゲームはこちら

  



  



 















スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sryo36m.blog53.fc2.com/tb.php/191-0f3a7ebc
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。