--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日でやっと学年末考査が終わるー

2012年03月09日 15:55

やっと明日で終了だー

一切書いてませんでしたが、ここ数日更新がなかったのは学年末考査期間中で勉学に忙しかったからです。

ね、常日頃勉強してる人は良いんですけど自分みたいにゲームやってる人間はテスト前日に猛勉強して毎回乗り切ってます。

相変わらず数学は爆死(数学Ⅱは0点、数学Bは10点以下の予感)しましたが、他の教科は大体いけたんじゃないでしょうか。。。
(中2の頃からなので数学の爆死には慣れてる)

特に古文と漢文が準備期間が長かったこともありいつもより出来た感触です。

オーラルはいつも通りかな?物理は今回進級も掛かってたので1時間弱だけ勉強しました。化学は相変わらず訳分からないけどこっちは欠点はなさそう。

現代文は問題量大杉禿げるわ。完全に「文章読んできて大体考えてきてるよね^^」という感じできました。

倫理はいつもより難しくて空欄が目立ってしまった。まぁいつも成績良いから良いんだけど。


はい、ということで最終日の明日は英語Ⅰと政経です。

両方とも得意な方なのであまり苦労しないかと。

政経は元々政治関係大好き人間だった訳で毎回殆ど勉強して無くてもある程度平均より10点以上は取れるので。

英語Ⅰは相変わらず範囲多い。英語に関しては努力してやってきた分だけ点数取れるみたいな感じなので出来るだけこれから頑張ってみます。



数学にはね、もう愛想つきました。

こっちが必死に頑張っても振り向いてくれない。馬鹿らしくなりました。

これで分かったことなんですが、数学を特にはずばり「ひらめき」と「数学的センス」が重要なことを悟りました。

後者は問題を沢山解けば解くほど身につきます。

しかし前者は完全に生まれつきの問題。ひらめきはある人にとっては簡単でも、他のある人にとっては難しいもの。

自分は小学生の時、塾に行っていた時代から模試でも算数だけが突出していつも悪かった。

勉強はしてるのに、いざ初見の問題を見ると解法が思いつかない、切り口が分からない。

この苦悩には今までずっと悩まされてきました。

しかし、今回微積分という文系数学最高の難易度の分野をむかえ、気づきました


「数学向いてないや」


もう、無理です。自分には向いてません。

数学が得意な人は「数学ぐらいやれば出来るだろ」とか何とか言いますが、それなら政経で勝負しましょう。勝ちますから。

理系の人は大体社会が苦手。自分は数学が苦手。相異なる性質ですね。

これはやっぱり向き不向きが生まれつきあると思います。

確かに本当に本当に本当に本当に努力すれば、生まれつき数学苦手な人や社会苦手な人が前者は理系に、後者は文系に進むことも出来るでしょう。

ですが、やはり自分の向いてる方向に進むのが僕は良いと思います。



まぁダラダラと書きましたが、数学が致命的に絶対に(9割9分ぐらい)出来ない。

その代わり、国語は模試でも上位だし、英語も定期テストでは点数良いし、社会は元々得意。

完全に英社国型な人間だと思います。ここにわざわざ数学を入れなくても良いと思いました。

と言うわけで、これからはこれらの得意な教科をもっと伸ばすことに専念して、東京の私立目指します。

学部は法学部志望なので、少なくともMARCHレベル以上には受かりたいというのが強い希望です。




ホントねー理数系さえ無ければ成績良いのになー・・・


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sryo36m.blog53.fc2.com/tb.php/200-364f03e5
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。