--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメをなめるべからず!!

2010年11月16日 21:02

なんだか最近、といっても数年前からのことだがオタクを軽蔑するような雰囲気が特に日本の世の中に

充満しているように思える。

そこで根本的なところから検証していき、そのような雰囲気を打破したいと思う。


さて、まずオタクという言葉だが初めは中森明夫氏が使い始めたとされているが初めの意味はアニメ好きを中心に

指す言葉だったが最近になってはそのことからいつもの事ながら意味が拡張されていき今ではある物事に熱中している

人のことを○○オタクと言うようになってきた。

いつの時代でもその言葉の意味が持つ範囲が広まっていく。たとえば「ヤバイ」。

最近になっては、若者がいろんな事に対してヤバイヤバイと言ってるでしょ?私もそうですが。

もはや「このケーキやばくない?」とか言われたら美味しいのかまずいのかよく分からない範囲にまで広まっている。

そのようにこのオタクと言う言葉も意味の範囲が広い。

なぜここまでオタクと言う言葉が広まり、使われ、意味の範囲が広くなったのか?

それは、断然マスコミのオタクいじりだ。

一時期はやり、皆がテレビで見たことがあると思う。

テレビリポーターが秋葉に行ってアニメオタクを取材したりしてバカにしている所を。

何故テレビはこんな事をするのか?もちろん視聴率のためだ。

視聴率を稼ぐ手っ取り早い方法は、テレビを見ている国民のほとんどが思う共通意識、つまりほとんどの人と共感

するようなことをする。

するとテレビを見てくれるし、アニメオタクなどはとうてい理解できないものであり、おもしろみがある。

そこに目を付けたのだ。

そして、国民の仲にアニオタ=オタ=キモ の構図が出来てしまった。

しかし、この構図を鵜呑みにしても良いのだろうか?

もちろんアニメに興味がない人、いやアニメに限らずその人が熱中していることに共感できない人は沢山いるだろう。

もちろん私だって例外ではない。SFとかには全く持って興味がない。

しかし、自分が興味のないものに対して自分の価値観を押しつけ徹底的に批判したり否定するのはいかがだろうか?

その人がそれにはまる意味はあるのである。その人それぞれの趣味を否定することこそ低脳な人がすることである。

そこで、ここではアニメの魅力について語りたいと思う。

まず、アニメは子供が見るものであって大人になった人が見るのはみっともないという人がいる。マンガも同様に。

しかし、これはナンセンスである。

なぜならアニメにもメッセージ性があるからだ。

そのように批判する人はAngel Beats!や、とある科学の超電磁砲、エヴァンゲリオン当のアニメを見たことがあるのか?

もちろん全話。おそらく無いだろう。

自分が手を出していないものにもかかわらず見た目と独断で批判しているだけである。

Angel Beats!は、人々の心情を描き、とある科学の超電磁砲は生徒と教師の関係、エヴァンゲリオンは一個人の

心情を描いている。

これは小説やその他媒体でも伝えることが出来る。しかしアニメでも出来るのである。

つまり、アニメとかマンガとか小説とか様々な媒体があるが、どれを持ってしてもメッセージを伝えられると言うことである。

しかし、その媒体がアニメだと言うことだけで否定するのはいかがなものだろうか?

小説がアニメより優れているというものなのだろうか?アニメでも伝えたいことは伝えられるのだ。

また、最近ではけいおんと言うアニメが大ヒットした。

これは桜高校の軽音楽部を中心に構成されるアニメだが、あおのアニメの中のメンバーが組んだ

放課後ティータイムというバンドは様々な曲を出し、オリコンで上位に食い込むといった凄いことを成し遂げている。

これは、アニメオタクだけでは果たせないことだ。

つまり、アニメと言うことを除いてもその音楽が一般の人にも認められてきているのだ。

アニメオタクをこんなにも批判している風潮があるのは日本だけである。

フランスなんかオタクが増殖中だ。ジャパニーズアニメとして浸透してきている。

これからは媒体を選ばずにどんなものでもその作品が伝えたいメッセージを見るべきだと思う。
スポンサーサイト


コメント

  1. まっつー | URL | -

    すばらしい!

    素晴らしいことを言ってくれた!

    そもそもアニオタキモスwwwとか言ってる奴って大抵アニメ見たことないよね~そういうゴミクズはストライクウィッチーズ見るべき。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sryo36m.blog53.fc2.com/tb.php/75-cce1c2eb
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。