--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンハン3rd発売で本校内も騒がしいようですw

2010年12月08日 19:44

あの、超大作「モンスターハンターポータブルセカンドG」の次作であるサードがこの間発売されました。

この学校でもPSP持ってる人間は大体がモンハンをやってるみたいです。

学校内でも頻繁にやっていましたが・・・w(中には授業中にやるという強者?も)


さて、この発売によって本校で起きたこと。

その1

発売当日、遅刻してくるものが増えた。

理由はもちろんモンハン買うのに並んでいたから(笑)

うん。ゲームへの熱情は分かるよ。けど学校は行かなきゃアカンわw


その2

教師がモンハンの話をしてくるようになったww

国2(古文)担当のキャラの濃いアノH山氏も語ってましたよw

「アノゲームはレベルがドンドン上がってくると4人じゃないと倒せないモンスターがでてくるんや。そこがおもしろいんや。」

と何かしら語っておられましたw


えと、まぁ言わなくても分かると思うけどK澤氏は廊下を歩くとき、大体の場合で

「モンハンはありませんか~」

と良いながら歩いておられましたw

ありましたよ、そのとき歩いてた廊下の隣、4組でやっていましたよw ありましたよw



さて、このゲームは何故ここまで流行ったのかということを考察してみたいと思います。

このゲームの大きな要素はやはり「通信」機能にあると思います。通信無くしてはこのゲームはここまで流行っていなかったでしょう。

ずばり言うと、この通信機能を使用することにより自分の知っている友達と一緒にモンスターを倒す、つまり何か大きな目標を成し遂げる

ことに共に戦った共闘感、そして連帯感を感じることが一番の要素であると思います。

この連帯感といったものはネットゲームで味わえることが出来ます。しかし、ネットゲームはマスコミのネガティブ・キャンペーンにより

一般の人には少なからず良い印象は持たれていないでしょう。

そこに、PSPという一般の人でも楽しんで使うことの出来る家庭用ゲーム機を使い、この連帯感を味わえるようにしたことがこの流行の結果となったのでしょう。

さて、では何故このような連帯感を我々日本人が求めるようになったのか。

それは日本人古来の特徴、そしてその特徴と反した状況にある現代社会が産んだものだと思います。

その日本人古来の特徴とは何か?

それは他の人とのふれあいです。

日本人は元々、他人との関係を重んじる傾向にありました。

江戸時代、人々は長屋という大人数が小さなスペースに住んでいました。そして、そこでの他人とのふれあいを大切にしました。

明治・昭和時代、戦争真っ直中であった日本は敵船の乗員を助けたりしました。また、「日本的経営」と呼ばれる

欧米とは違った経営方式、それは社員を家族のように扱う連帯が非情にしっかりしていました。

その面でみても、日本人は元々他人を大切にする人種なのです。

この特徴は負の面として日本人は人に釣られやすいという傾向も出ていますが。

しかし、今はこのような他人を大切にする社会でしょうか?

電車の中では席を譲らない、あいさつしない、地方のイベントなどに参加しない、近所づきあいもしない、自治会
にも出ない・・・・・

このように反した状況になっています。

この状況は先ほど言った他人に合わせるという特徴が負に出て前のように戻そうというのはなかなか出来ません。

日本人は少数派になりたくない性質ですからね。なったら「なにやってんだ、あいつら」と言われ、それをいやがりますから。

このような状況で出てきた連帯感を生み出すもの、それがモンハンだったのです。

モンハンは連帯してなにか大きな目標を成し遂げるという喜びを与えてくれます。

それは現代社会で味わえないものだったのです。その結果モンハンは大流行したわけです。


私はこのように思います。

この連帯感はネットゲームでも味わえるのですが、なかなか一般の人には先入観で踏み込めないでいるみたいで

そこが私は残念だと思いますが。


そもそも、この他人との繋がりを失った日本をどうにかする方が先決です。

それはどうすればいいのか?このことを考えながら又の機会にお話ししたいと(ry

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://sryo36m.blog53.fc2.com/tb.php/88-d1b3c5fc
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。